季節の変わり目は抜け毛に注意?少しでも抜け毛を防ごう!

季節の変わり目は抜け毛が増えやすい?

季節の変わり目に抜け毛が多いと感じることはありませんか?季節の変わり目のよく毛が抜けるというのは、勘違いなのでしょうか?それとも、実際に季節の変わり目は抜け毛が多くなりやすいのでしょうか?季節の変わり目になると抜け毛が増えるだけではありません。季節の変わり目は男性だけでなく、女性や子供も体調を崩しやすいとされています。では、女性や子供も季節の変わり目に抜け毛が増えるのでしょうか?季節の変わり目になると男性や女性、子供が体調を崩しやすいことと、抜け毛が増えることには関係があるのでしょうか?季節の変わり目に抜け毛の関係について詳しく解説していきます!

なぜ季節の変わり目は抜け毛が増えると言われる?

季節の変わり前に抜け毛が増えた?と感じる場合、気にしすぎである場合が多いです。そもそも、季節の変わり目かどうかに関係なく、男性であれ女性であれ、大人であれ子供であれ、毎日多くの毛が抜けるのが普通です。なぜ季節の変わり目に抜け毛が増えると言われているのかというと、動物の「生え変わり」と人間の抜け毛が同一視されているからです。ペットを飼っている人ならわかると思いますが、動物は、犬であれ猫であれ、季節の変わり目になると毛がたくさん抜けることで知られています。

これは「換毛期」と呼ばれています。換毛期は毛がたくさん抜けることで、体温調節を行うためだとされています。人間も動物の一種なので、換毛期のように季節の変わり目になると毛が抜けるのではないかと考えられています。他には、季節によって分泌される汗や皮脂、体温変化、紫外線によるダメージが異なるためだという説もあります。また髪の毛にはヘアサイクルもあるので、定期的に抜け毛が多くなる期間があるのは普通だと考えらえます。

ヘアサイクルって何?

ヘアサイクルとは、髪の毛が生え始めてから抜けるまでを一周期としたサイクルのことです。ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つがあります。成長期は髪の毛が生え始めてから成長を続けている時期のことで、期間は約2〜6年。退行期は髪の毛の成長が鈍くなる時期で、期間は約2週間。休止期は髪の毛の成長が止まって抜けるのを待っている時期で、期間は2〜3ヶ月だとされています。つまり、薄毛がどうかに関わらず、髪の毛は数年の期間ごとに自然に抜けていくのです。

平均的な抜け毛の本数

髪の毛は季節の変わり目かどうかに関係なく、ヘアサイクルで自然に抜けていくものだと説明しました。人間は毎日たくさんの抜け毛があ流のが普通ですが、では平均するとどのくらい抜け毛があるものなのでしょうか?もちろん個人差もあり、男性か女性か、大人か子供かよっても変わるので一概には言えませんが、一日あたり100本程度だとされています。この数字の根拠は、北海道大学大学院医学研究室が執筆した「あたらしい皮膚科学」です。したがって、抜け毛の本数が平均の100本を超えていたら、もしかしたら薄毛になっているかもしれないので、抜け毛の本数にはよく注意しておく必要があります。

季節ごとで異なる抜け毛の原因

春に多い抜け毛の原因として、ストレスがあります。もちろん、どの季節であればストレスはありますが、春は特に新生活を始める人が多い季節です。それまでの生活環境とは変わることで、ストレスが増えて抜け毛につながってしまいます。ストレスが抜け毛に繋がるのは、頭皮の血行が関係しています。ストレスを受けると血管が収縮します。すると頭皮の血管も収縮し、髪の毛に栄養が行き渡らなくなります。髪の毛の栄養は頭皮の毛細血管を通る血液が届ける役割を果たしているので、血管が収縮すると髪の毛が栄養不足になり、やせ細ってしまい抜け毛の原因になってしまいます。春に抜け毛が多くなる他の原因として、アルコールが挙げられます。春は新年会は歓迎会などで飲み会が多くなる季節です。しかし、アルコールは肝臓に負担をかけてしまいます。アルコールは肝臓で分解されるのですが、この時髪の毛を作るための必要な栄養であるアミノ酸が消費されます。すると髪の毛を作るための栄養が不足して抜け毛の原因になってしまいます。

夏に抜け毛が増える理由は紫外線です。紫外線とは地球に到達する太陽光線のうち、波長が短いものを指します。夏は特に紫外線が強くなる季節です。真夏に帽子を被らずに外出して頭皮が紫外線に曝されてしまうと、頭皮が日焼けして傷んでしまいます。頭皮が日焼けして傷んでしまうと、頭皮が赤くなって炎症を起こしてしまうケースがあります。頭皮が炎症を起こすと抜け毛に繋がってしまいます。

秋に抜け毛が増える理由は、夏と同じく紫外線が大きな原因です。夏に受けた紫外線によるダメージが秋に現れることで抜け毛が起こるのです。紫外線を受けてから抜け毛が起こるまでの時間差には個人差があります。夏にどのくらい外出したのか、初夏なのか晩夏なのかによって、秋になって紫外線のダメージが現れるかどうかが変わります。晩夏にダメージを受けたのなら、秋になったあたりから抜け毛が増えます。また夏バテによる栄養不足も、秋になってから現れる場合があります。

冬になって抜け毛が増える原因は、頭皮の乾燥です。冬は四季のうちで最も乾燥しやすい季節です。頭皮が乾燥するとフケが発生します。すると頭皮のフケを栄養とする雑菌が繁殖してしまい、頭皮が荒れてしまいます。すると頭皮が赤くなって炎症になってしまい、抜け毛の原因になってしまいます。

 

抜け毛を予防する方法は?

生活習慣

抜け毛を予防するには、生活習慣を改めることが大切です。生活習慣とは、睡眠や食事、喫煙やアルコールの習慣などのことです。睡眠が不足するとストレスがかかってしまい、頭皮の血行が悪くなって抜け毛の原因になります。また睡眠不足になると髪の毛を作ったり成長させたりするための成長ホルモンが十分に分泌されません。また栄養の偏った食事にも気をつけましょう。髪の毛を作るためにはビタミンやタンパク質、ミネラル、亜鉛などバランスのいい栄養が必要です。食事の栄養が偏っていると髪の毛を作るために必要な栄養を摂取することができません。また脂っこい食べ物ばかり食べている人は、皮脂が過剰分泌されやすいです。皮脂が過剰分泌されてしまうと、頭皮が荒れてしまい抜け毛の原因になってしまいます。喫煙やお酒の習慣がある人は控えましょう。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する効果があるので、頭皮の毛細血管も収縮させてしまいます。お酒は髪の毛を作るための栄養を消費してしまいます。

頭皮環境を清潔に保つ

頭皮が不潔だと、フケや皮脂が多くなって頭皮が荒れてしまいます。フケや皮脂が多くなると、抜け毛の原因になります。具体的には、頭皮にフケが大量に発生すると粃糠性脱毛症、頭皮に皮脂が大量に分泌されると脂漏性脱毛症になってしまいます。髪の毛を洗っていなかったりして頭皮が不潔にしておくと、フケや皮脂の原因になるので、頭皮ケアは欠かさないようにしましょう。

運動も大切!

抜け毛を防ぐためには血行が大事だと説明してきました。血行を良くするための最も効果的で簡単な方法は、適度な運動です。それほど本格的な運動をする必要がありません。有酸素運動といった、ジョギングや水泳、サイクリングなど一定時間継続して軽度の負荷がかかる運動をすると、血液の循環が良くなって髪の毛にも栄養を供給することができます。

抜け毛対策をしっかりと!

季節の変わり目は体調を崩しやすいだけでなく、抜け毛も増えやすい時期です。もちろん、季節の変わり目に抜けた毛の原因が、全て季節変化に由来するものでもありません。しかし、季節の変わり目は体調を崩しやすく、ストレスが増えやすい時期なのは間違いありません。特にストレスは抜け毛の原因として大きなものなので、季節の変わり目にはストレスコントロールや体調管理をしっかりして、抜け毛を増やさないようにしましょう。

レーザー治療で薄毛改善?どんな仕組みなの?

薄毛治療にレーザー?

薄毛治療の最新方法の1つにレーザー治療があることをご存知ですか?「薄毛治療にレーザー?レーザーなんて頭に当てて大丈夫なの?」と驚かれる方もいらっしゃると思います。レーザーというのは光の放射を意味しています。X線レーザーや赤外線レーザー、CDやDVDを読み取る時のレーザーなどは身近に存在しますよね。レーザーは歯科手術やレーシック手術など医療分野でも用いられています。今回ご紹介するのは、薄毛治療の最新方法である低出力レーザーです。レーザーには高出力と低出力のものがありますが、高出力レーザーはレーザー兵器に使われます。薄毛治療用のレーザーは低出力なので頭皮に当てても危険はありません。では、最新の薄毛治療であるレーザー治療は本当に効果があるのでしょうか?レーザー治療は薄毛改善や発毛・育毛に本当に効果的なのでしょうか?最新の薄毛治療であるレーザー治療について解説していきます!

レーザー治療とは一体どんなもの?

FDA認可って?

レーザー治療とは、そもそも国から認められている治療方法なの?と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。レーザー治療はアメリカのFDA(食品医薬品局)から認可を受け、発毛効果・育毛効果を認められた治療方法です。FDAとは、アメリカ合衆国保健福祉省配下の政府機関です。保健福祉省は、日本で言えば厚生労働省にあたる官庁ですね。FDAは食品や医薬品、化粧品、医療機器、動物薬などの許可や違反品の取り締まりを行う機関です。薄毛治療に用いられるレーザー治療は、臨床試験93%の人に効果があったことも確認されています。現在ではアメリカ合衆国以外にも世界86カ国以上でレーザー治療は使用されています。そのため、薄毛治療に用いられるレーザー治療はアメリカ合衆国をはじめとする多くの国家で正式に発毛効果・育毛効果を認められた薄毛治療なのです。

効果について

薄毛治療に用いられる低出力のレーザー治療は、頭皮にレーザーを照射することで行います。レーザー治療は1回で終わるわけではなく、定期的にレーザーを照射する必要があります。専用のレーザー装置を頭皮に接触させ、薄毛の気になる部分にレーザーを照査していきます。レーザー機器によって時間は変わりますが、およそ数分から数十分間照射し続けることが必要です。低出力レーザーを照射することで、抜け毛が減る、髪にハリとコシが出てくる、といった発毛効果・育毛効果を実感できるようです。低出力レーザーの臨床実験も行われています。薄毛に悩む男性103名、女性122名に週3回の頻度で26週間継続して低出力レーザーを使用したところ、93%の被験者に発毛・育毛効果が認められました。

レーザー治療はどこで受けられるのか?

 専門クリニック

レーザー治療は大きく分けると専門クリニックと家庭用の2種類があります。まずここでは専門クリニックでの治療をご紹介します。実はレーザーによる薄毛治療を取り入れているクリニックは多くありません。ここでは一例として、レーザー治療を多く取り入れている美容皮膚科シロノクリニックについてご紹介します。シロノクリニックでは「ダイオードレーザー」と呼ばれる、低出力・低エネルギーの低反応レベルレーザーを使用しています。このレーザーの特徴は、薄毛治療だけに効果があるわけではないことです。ダイオードレーザーには育毛効果や発毛効果の他に、傷跡を早く治したり、免疫力を正常化させたり、自己治癒力を高めたりする効果もあります。そのためダイオードレーザーは薄毛治療だけでなくアトピー、白斑症、傷跡、ケロイド、火傷跡、ワキガ・多汗症、鼻炎・花粉症にも効果があります。治療費は1分で1,000円になります。

家庭用もある

薄毛治療用の低出力レーザーは、クリニックだけではなく家庭で使用できるレーザー装置も存在します。家庭用レーザーを販売しているのは、国内ではヘアマックスです。ヘアマックスは公式サイトの他にAmazonのような通販サイトでも購入することができます。ヘアーマックスは電話の子機のような形をした、30cm程度の大きさの装置です。ヘアーマックスは充電して使用するため、電源だけでなく充電装置もついています。

フルに充電すると24時間連続使用することが可能です。照射ボタンを押すことでレーザーが照射され、一箇所につき4秒間照射していきます。一箇所照射したら1cm動かすことを繰り返していくことで、薄毛が気になる部分にレーザーを照射していきます。レーザーを4秒間照射するときはいちいち自分で測る必要はなく、ヘアマックスがピープ音を鳴らして教えてくれます。合計時間は機器によって異なりますが、概ね数分間使用します。

ヘアマックスの商品ラインナップは合計で6種類ですが、そのうち2種類は販売終了しており、現在取り扱っているのは4種類です。「レーザーバンド82」の価格は108,900円、「ウルティマ12」の価格が71,400円、「ウルティマ9」の価格が54,900円、「プリマ7」の価格が38,400円となっています。これらの機器の違いはレーザー数の多さです。価格が高いほどレーザー数が多くなっています。例えば最も高額な「レーザーバンド82」のレーザー数は82個ですが、「ウルティマ12」は12個となっています。

レーザーでなぜ発毛できるのか?

なぜ低出力レーザーで薄毛を改善することができるのでしょうか?ここでは低出力レーザーで薄毛が改善されるメカニズムを解説します。低出力レーザーに発毛効果や育毛効果があるのは、頭皮の細胞を活性化させるからです。そもそも低出力レーザーによる薄毛治療が始まったのは、ハンガリーの研究でした。低出力レーザーをネズミの背中に照射したところ、毛が生えてことから発毛効果が発見されたのです。薄毛治療に用いられる低出力レーザーは、細胞の中にあるミトコンドリアを活性化させます。ミトコンドリアは全ての細胞に存在する器官です。ミトコンドリアは細胞のエネルギー工場とも呼ばれており、グルコース(糖)を原料とすることで、エネルギーの源となる「アデノシン3リン酸」を合成します。アデノシン3リン酸は髪の毛を作る際にも重要な成分です。髪の毛を作るには、髪の毛を作る元となる毛母細胞が活発に分裂する必要があります。アデノシン3リン酸はエネルギーを供給することで、毛母細胞の分裂を活性化させる働きがあるのです。薄毛になるとこの毛母細胞の働きがふ活発になります。低出力レーザーでアデノシン3リン酸を合成させ、毛母細胞を活発に分裂させることで発毛・育毛をすることができるのです。

レーザー治療試してみようかな・・

低出力レーザーはLLLT(low level laser or light therapy)とも呼ばれており、日本や発祥地のアメリカだけでなく全世界で使用されている最新の薄毛治療方法です。特にヘアマックスは全世界で年間5万台、通算で60万台の売り上げを誇っています。薄毛に悩む男女に低出力レーザーを使用すると93%の人に発毛効果・育毛効果が認められたという臨床実験もあることから、低出力レーザーで薄毛改善効果があることは間違いありません。低出力レーザーによる薄毛治療は、クリニックではまだ取り入れているところはほとんどありませんが、今回ご紹介したシロノクリニックでは薄毛を治すためのレーザー治療を受けることができます。シロノクリニックは恵比寿、銀座、池袋、横浜、大阪にあるため、首都圏や大阪にお住いの方は通いやすいです。首都圏な大阪などの大都市圏にお住いでない方は、家庭用のヘアマックスがおすすめです。ヘアマックスの価格は一台あたり50,000円〜100,000円と安くはないですが、一度購入してしまえばずっと使用することができます。

フィンジアは本当に薄毛に効果があるのか?特徴を解説!

フィンジアの特徴

配合成分

フィンジアには薄毛に有効な成分としてキャピキシルを5 %、ピディオキシジルを2%、カプサイシンが配合されています。分類上は医薬部外品なので医師の処方が必要なく、他に配合されているのも安全な天然成分です。キャピキシルとはアセチルテトラペプチド3、アカツメクサ花エキスの2つの成分で構成されています。

アセチルテトラペプチド3には細胞修復作用があり、髪の毛を作る元となる毛母細胞を復元させる効果があります。アカツメクサ花エキスには、薄毛や脱毛の原因となる5αリダクターゼを阻害する働きがあります。キャピキシルはミノキシジルの3倍の薄毛改善効果があるというデータが公表されており、さらにミノキシジルと違って副作用がない成分としても知られています。

ピディオキシジルはミノキシジルと類似した成分で、血管拡張作用による発毛効果があります。その上、ミノキシジルと違って副作用がないことでも知られています。カプサイシンは、フィンジアの「ゲートアクセス理論」に関係している成分です。次はフィンジアのゲートアクセス理論についてご紹介します。

ゲートアクセス理論

フィンジアのゲートアクセス理論とは、カプサイシンの効果によって頭皮を柔らかくし、有効成分を浸透させやすくして薄毛を改善するという理論です。カプサイシンとはトウガラシに含まれる辛味成分です。トウガラシを食べた時に、汗が噴き出すという経験をしたことはありませんか?

汗が噴き出すと毛穴が開きます。頭皮が固い状態だと毛穴が閉じてしまっており、頭皮に有効成分を浸透させることができません。薄毛をしっかり改善させるためには、頭皮に育毛剤の有効成分を浸透させないと効果がありません。フィンジアはカプサイシンで毛穴が開かせることで効果的に有効成分を浸透させ、薄毛を改善することができるのです。

値段と全額返金制度

フィンジアの価格についてご紹介します。フィンジアは通常価格が12,800円ですが、公式サイトの定期コースの価格なら9,980円です。公式サイトからならフィンジアの3本まとめ買いができます。フィンジア3本のまとめ買い価格は38,400円ですが、定期コースの価格は34,800円です。

それでもフィンジアの価格が高いと感じる方も、全額返金保障があるので安心です。もしフィンジアを使って効果がない、自分には合わないと感じたら、30日以内であれば全額返金してくれます。

フィンジアが効かないこともある?初期脱毛とは?

初期脱毛とは?

フィンジアを使えばすぐに薄毛が改善されるわけではありません。フィンジアを使って薄毛が改善される前に、初期脱毛と呼ばれる現象が起きる場合があります。初期脱毛とは、新しい毛が生え始めて薄毛が改善される時に、古い毛がたくさん抜けることです。薄毛になるとヘアサイクルが乱れてしまいます。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生え始めてから抜けるまでの成長段階のサイクルのことです。薄毛になると、ヘアサイクルが短くなるので、髪の毛が生え始めてから抜けるまでの期間が短くなります。すると髪の毛が十分に成長しないうちに抜けてしまうことになります。薄毛が改善されてヘアサイクルが正常になると、新しく健康な髪の毛に押し出されて古い髪の毛が大量に抜けます。このとき古い毛が大量に抜けるのが初期脱毛です。つまり初期脱毛は薄毛が改善される良い兆候なのだと言えます。

ヘアサイクルについて

ヘアサイクルとは、髪の毛が生え始めてから抜けるまでの成長段階のサイクルだと説明しました。より具体的に解説すると、ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つの時期があります。成長期とは髪の毛が生え始めてから成長を続ける時期のことです。成長期が続くのは2年から6年だとされています。

次に退行期とは、髪の毛の成長が鈍ってくる時期のことです。退行期が続く期間は2週間から3週間程度だとされています。最後の休止期とは、髪の毛の成長が止まって抜けるのを待っている時期のことです。休止期が続く期間は数ヶ月程度だとされています。薄毛になると成長期が短くなってしまうのが特徴です。

効き始めるまでの期間

フィンジアで薄毛改善効果が現れる期間は、少なくとも3ヶ月から半年はかかってしまいます。フィンジアで薄毛が改善されるには、それまでの古い髪の毛が抜けて、健康的な新しい髪の毛が生えなければなりません。ヘアサイクルのところでも説明したように、そのためにはまず休止期の髪の毛が抜ける必要があります。また髪の毛が抜けたら、すぐに新しい髪の毛が生えてくるわけではありません。

髪の毛が生えてくるためには、髪の毛を作る元となる毛母細胞が分裂する必要があります。古い髪の毛が抜けてから毛母細胞が分裂を繰り返し、新しい髪の毛が生えて始めるだけでなくそれなりの長さに伸びるためには、半年から1年くらいの期間が必要です。

フィンジアの口コミは?

デメリット

フィンジアのデメリットについて、2chの口コミをご紹介します。
「フィンジアを使ったけど、2ヶ月使っても全然効果ない。むしろ薄毛が進行してきた」フィンジアは半年くらい使わないと効果が出ないので、2ヶ月使っても効果が出ないというこちらの2chの口コミは使用期間が短すぎると言えます。

またこの2chの口コミでは薄毛が進行したのをフィンジアのせいであるかのように言っていますが、フィンジアで薄毛が加速することはありません。フィンジアを使っているのに止められないほど薄毛が強く進行してしまっているのだと考えられます。次にフィンジアの効果についの別の2chの口コミをご紹介します。
「ミノキシジルの3倍の効果があるっていうけど嘘?1ヶ月使ったけど効果がない」
こちらの2chの口コミも、1ヶ月では短すぎます。またミノキシジルの3倍の効果というのは、キャピキシルのことを指しているのだと思われます。キャピキシルがミノキシジルの3倍の効果があるというのが嘘かなのか、それとも嘘でないのかを検証するなら、少なくとも半年は継続して使いましょう。

メリット

お次はブログなどを参考に、フィンジアのメリットをご紹介していきます。
「フィンジアを使い始めて3ヶ月経過しますが、徐々に薄毛が改善されてきました」
こちらのブログの口コミでは、フィンジアを使ってわずか3ヶ月で効果が出たとのことです。フィンジアの効果が現れるには平均すると半年くらいの期間はかかってしまうのですが、個人があるのも確かです。こちらのブログのかたは効果が出るのが比較的早かったのだと言えます。次に別のブログの口コミをご紹介します。 「フィンジアを使っていて抜け毛が減ってきました。ベタつきやごわつきがなく気に入っています」
こちらのブログの口コミでは、抜け毛が減っただけでなく、フィンジアにはベタつきやごわつきがなく使いやすいという報告もされています。フィンジアを使ってみた使用感については、実際に使用した人でないとわかりませんよね。育毛剤を頭皮につけていてベタついたりごわついたりすると、日中活動しているときに不快になります。ベタつきやごわつきが気になる人にはおすすめできる育毛剤です。

副作用はある?

育毛剤は副作用の心配が少ない!

フィンジアを使っていて副作用が出てしまった、という口コミがありますが、ほとんどは嘘だと言えます。なぜなら、フィンジアは医師の処方が必要ない医薬部外品に分類されるので、副作用が出るような危険な成分は配合されていないからです。「ほとんど嘘」だと言ったのは、100%副作用が出ないとは言い切れないからです。副作用のリスクがある場合として、例えば頭皮に怪我や炎症、病気のある人、特別肌が弱い人、敏感肌の人などが使うとフィンジアを使って異常が起きてしまう可能性があります。しかし、それはフィンジアに限った話ではなく、頭皮に外用薬を使用すること自体がNGであるケースです。

薄毛が気になる人はフィンジアを試してみよう!

これまでご紹介してきたように、フィンジアはキャピキシルとピディオキシジルという先端育毛成分を配合した育毛剤です。キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルよりも効果が高く副作用もない優れた成分ですが、キャピキシルとピディオキシジルを使用した育毛剤の数は多くありません。他の育毛剤では効果が出なくても、フィンジアなら薄毛が改善されるかもしれません。薄毛が気になる人は、ぜひフィンジアを試してみてください!