薄毛

白髪と薄毛の原因は一緒?同時に対策して同時に改善!

白髪と薄毛は原因が同じ?

 

女性の頭部のお悩みといえば、深刻なのが男性同様に薄毛ですが、白髪も大変多くの女性が抱えているお悩みでしょう。でも、薄毛と違って白髪は年齢のせいだからと諦めてしまっていませんか?実は、白髪は薄毛と同じく、予防したり改善したりするさまざまな対策方法があります。しかも、白髪と薄毛は原因が同じなのです。原因が同じなのであれば、きちんと対策して同時に改善できれば、頭部のお悩みから一気に解放されることになります。そこで、ここでは女性の白髪と薄毛の原因と対策に迫ってみましょう。

原因について

では、白髪と薄毛の原因をそれぞれ見ていきましょう。共通点が見いだされれば同時に予防・対策ができますよね。

 

白髪の原因

白髪は1本あるだけでかなり年齢が上に見られてしまうので、なんとか改善させたいものです。でも、白髪になる原因は、残念ながら今の時点では完全に解明されているわけではありません。

 

現時点で考えられる1つ目の原因は、メラニン色素が作られなくなってしまうことです。髪は、製造される過程で黒色のメラニン色素が付けられることで黒髪ができあがります。でも、付けられるべきメラニン色素が少ないので、白いまま出てきてしまうのです。

 

このメラニン色素が作られなくなる原因は、老化現象です。老化となると避けられるものではないので、この対策をするのは少々難しいといえそうですよね。

 

次に考えられる白髪の原因はストレスです。とてつもなく大きなストレスを受けると、若い年齢でも髪が真っ白になることがあります。これはちょっと日常ではありえないようなストレスなわけですが、それでも、ストレスが白髪に大きな影響を与えているのは間違いなさそうです。特に、1本の髪の毛で白髪と黒髪が交互にあるような場合は、ストレスによるものなんだそうですよ。

 

また、白髪は生活習慣とも大きなかかわりがあります。睡眠や食事といったことですね。人は、夜眠っている間に成長ホルモンがたっぷりと分泌されて体の修復が行われます。でも、寝不足が続いていたり夜更かしばかりしていると、成長ホルモンは十分に分泌されなくなってしまいます。

 

メラニン色素を作るには、色素を作る細胞が活発に働いてくれなければいけません。そして、それには成長ホルモンが分泌されて適切に細胞の修復が行わなければならないのです。さらに、寝不足が続くと頭に血が回らなくなってぼんやりしてしまいますよね。これでは、頭皮に栄養が行きわたるはずがありません。色素を作る細胞に栄養が運ばれなければ、きちんと働いてメラニン色素が作られないのです。

 

そして、細胞への栄養は、私たちが口にするものにかかっています。自分自身がきちんとした栄養をとらなければ細胞にも悪影響となり、白髪が増えてしまいます。

 

薄毛の原因

次に薄毛の原因です。女性の薄毛といえば、分け目が薄くなるびまん性脱毛症でしょう。これはFAGA(女性男性型脱毛症)といって、男性ホルモンが原因によって起こります。年とともに女性ホルモンが減るので、男性ホルモンの影響を強く受けることが原因です。

 

それから、睡眠不足やストレスも原因の一つです。子育てなどで睡眠不足が続くとストレスもたまり、髪に良い影響が与えられなくなってしまうのです。

 

そして、実は、女性が薄毛になりやすい時期というのがあります。それは、出産や閉経時です。いずれも、女性にとってはホルモンバランスだけではなく出血に関わる重大な出来事で、その前後で血液量は大きく変わっていきます。血が不足すれば髪に栄養も行き届かなくなり、健康で丈夫な髪の毛が育たなくなってしまうのです。

 

共通する原因

白髪と薄毛の原因をみてきましたが、共通しているのは、ストレスや生活習慣、血行不良といったものです。つまり、これらをきちんと改善する方法を見つければ、両方の予防と対策が同時にできるということになります。

同時に改善していこう!

薄毛と白髪の共通原因が分かったところで、せっかくなので同時に予防・対策をしていきましょう。

 

規則正しい生活へ

まずは、なんといっても規則正しい生活をすることが対策となります。これは白髪や薄毛でなくとも基本中の基本。朝は決まった時間に起床し、消化の良いものをいただき、きちんと排せつしましょう。そして、昼食をしっかりとったら体を動かして消化し、夜ごはんは遅くならないように気をつけて適量食べ、後はお風呂に入ってリラックスするのです。

 

食事には気をつける

特に、メラニン色素を作るとともに、健康で丈夫な髪の毛を作るには十分な栄養対策が必須です。では、髪に良い成分とはどんなものなのでしょうか。

 

頭皮・髪の毛に良い成分まとめ

まず、白髪対策として摂取したいのは、

 

  • メラノサイトを活性化するヨード
  • メラニン色素の原料になるチロシン
  • チロシナーゼのはたらきを助ける銅

 

などです。

 

また、薄毛対策としては、

  • 髪の主成分であるタンパク質
  • そのタンパク質(ケラチン)を生成する亜鉛
  • 血行を良くするビタミンEなど

などです。

ヨードは昆布やわかめに含まれていて、これらの食品は昔から髪に良いとされてきたもので、薄毛対策にも有効です。それは、フコイダンというぬるぬる成分が、毛母細胞という髪の毛を作る細胞を増やしてくれるからです。また、チロシンはチーズやナッツ類に、銅は納豆やゴボウ、ニンニクなどに含まれています。

 

そしてタンパク質は肉類の他、納豆や高野豆腐に含まれていて、亜鉛は牡蠣や緑黄色野菜、ビタミンEはナッツなどに豊富に含まれています。

 

やはり、昆布やわかめ、納豆などが髪に良いことがわかりますね。

 

頭皮ケアはしっかりと

また、頭皮環境を整えることも必須対策です。適度にマッサージなどをして血行が良くなれば、食べた栄養素がしっかり毛根にまで届けられるからです。爪を立てないで指の腹で頭皮全体を揉みほぐし、頭頂部のツボ、百会を数回プッシュするとより効果的です。首筋もやさしく撫でおろし、鎖骨にリンパを流し込むようなイメージでマッサージすると頭がすっきりするはずです。

 

また、正しい方法でシャンプーを行い、汚れをしっかり落として毛穴詰まりなどを起こさないようにすることも必要な対策です。

シャンプーには特に注意!

薄毛・白髪対策のための頭皮ケアは、中でも特にシャンプーが大切です。

 

避ける成分

薄毛・白髪対策のために避けたい成分は、

  • メチルパラベン
  • シリコン
  • ジアミン
  • タール系の色素

などでしょう。賛否両論ありますが、できれば少しでも安全な成分で対策できればいうことなしなのではないでしょうか。

 

シャンプーの選び方

シャンプーを選ぶ時には、原材料名をじっくり読んでからにしましょう。一般的には、ドラッグストアに激安価格で大量に並んでいるものには、上記のような避ける成分が含まれているものがほんどです。価格を下げるためにこのような成分が使われているからです。薄毛・白髪対策のためには注意しなければなりませんね。

 

シャンプーの正しいやり方

適切なシャンプーを選んだら、正しい方法で頭皮マッサージしながら洗浄しましょう。適量を取ったら手の平の上でぬるま湯を使って泡立て、指の腹でやさしくマッサージするようにしてシャンプーします。そして、すすぎも重要です。すすぎ残しは毛穴を詰まらせてしまうので、十分すぎるほど丁寧にすすぎましょう。

 

白髪・薄毛には気をつけましょう!

白髪と薄毛の原因がここまで同じとは驚きですよね。でも、これで2つ同時に予防と対策できることになります。規則正しい生活を送り、栄養のあるものを食べ、しっかり頭皮ケアすることです。症状が深刻にならない内に対策しておくのが、最善の方法です。

運動不足で薄毛が進行する?簡単解消方法を紹介!

みなさん、毎日ちゃんと運動していますか?社会人の方なら毎日の通勤で長距離歩く人もいらっしゃるでしょう。また、ホワイトカラーの方でも営業職の方はあちこち動き回っている人もいらっしゃると思います。しかし、やっぱり社会人になると、運動不足になりがちですよね。学生の頃は運動部に入ってスポーツをしていたという人も、社会人になった途端スポーツや運動しなくなり、体力が落ちてきた…という人も少なくないでしょう。運動不足になると、体にどのような影響が出てくるのでしょうか?運動不足は若はげや薄毛の原因にもなるのでしょうか?最近薄毛が気になる方は、もしかしたら運動不足が原因かもしれません。それでは、早速運動不足がもたらす薄毛への影響を見ていきましょう!

運動不足による人体への影響とは?

血行が悪くなる

運動不足になると血行が悪くなります。みなさんはスポーツや運動をした後、体が温かくなった経験はありませんか?体が温かくなるのは、血液循環が促進され、血行が良くなっているからです。運動不足で血行が悪くなると、薄毛の原因になってしまいます。髪の毛は頭皮を流れる毛細血管から栄養を受け取っています。しかし、運動不足で血行が悪くなると、頭皮の血行も悪くなってしまい、髪の毛に栄養を行き渡らせることができなくなります。髪の毛の栄養が不足すると、髪質が悪くなって髪が抜けやすくなってしまい、若はげや薄毛の原因になってしまうのです。

呼吸が浅くなる

運動不足になると呼吸が浅くなります。それは心肺機能が弱くなるからです。長距離ランナーがトレーニングをするときに酸素の薄い高山を選ぶのは、心肺機能を強くするためなのです。心肺機能が弱くなると血中の酸素が不足します。髪の毛は血液から栄養だけでなく酸素も受け取っており、酸素が不足すると抜け毛の原因になってしまいます。そのため、運動不足で呼吸が浅い人は髪質が悪くなったり抜け毛も多くなったりしてしまい、若はげや薄毛に繋がってしまいます。

太りやすくなる

運動不足になると、体の脂肪を燃焼させることができず、太りやすくなってしまいます。体に脂肪が多いと、皮脂の分泌も多くなります。特に人間の頭皮には皮脂の分泌腺が多い場所なので、他の場所よりも皮脂が多く分泌されやすいです。皮脂が過剰分泌されると、頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまい、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。また、皮脂が過剰だと頭皮環境が悪化し、頭皮が炎症を起こしてしまうことも髪質が悪くなったり抜け毛が増えてしまい、若はげや薄毛の原因になってしまいます。

血液が薄毛に関係している

運動不足により血液がドロドロに

運動不足になると血行が悪くなることを説明しました。ここではその点についてもっと詳しく解説したいと思います。そもそも「血液がドロドロになる」とはどのような状態なのでしょうか。血液がドロドロになるとは、血管内に血栓が詰まった状態のことを指しているのです。血栓とは、血小板が固まったものです。血小板には、傷ついた血管壁を修復する働きがあります。運動不足によって血中の脂肪が多くなると、血管内に脂肪が詰まってしまい、プラークと呼ばれるコブができてしまいます。そのコブがなんらかのはずみで傷つくと、それを修復するために血小板が集まってくるのです。これが血小板の塊、つまり血栓ができてしまう原因です。

有酸素運動が最も効果的!

血行改善

薄毛や若はげが治るための対策なら、ジョギングやウォーキング、エアロビクスといった有酸素運動が最適です。有酸素運動をしていると心臓の鼓動が早くなりますが、これは心臓のポンプ機能によって身体中に血液を送っているからです。体に多く血液が送られることで、血行を改善させることができるのです。ジョギングやウォーキング、水泳、エアロビクスなどは一定時間継続的に運動を続けられるため、時間をかけて血行を改善することができます。

酸素を多く取り込める

酸素をドロドロにしないためには、適度な運動をして酸素を体の中に取り込むことが大切です。運動をしていると呼吸が早くなりますが、これは体の中により多くの酸素を取り入れようとしているからです。酸素を多く取り込むことによって髪の毛にも酸素が行き渡るので、有酸素運動によって髪質改善や薄毛が治る対策を取ることができます。

無酸素運動はダメ?

有酸素運動と無酸素運動の違いはなんでしょう。定義としては、運動する際にかかる時間と体にかかる負荷によって定義されます。長時間の運動で、かつ体にかかる負荷が軽度または中程度の運動を有酸素運動と呼びます。それに対して、短時間または瞬間的で、かつ体にかかる負担が高い運動を無酸素運動と呼びます。重量挙げや短距離走といった無酸素運動だと、瞬間的に負荷がかかるだけなので心肺機能には負荷がかからず、血行改善や酸素を取り込む効果はありません。有酸素運動は一定時間継続的に体に負荷をかけることで、血行改善や酸素を取り込むことができます。しかし、無酸素運動は瞬間的なものなので、筋肉には負荷がかかるものの、心肺機能を働かせることができないのです。そのため髪質改善や薄毛が治るような効果は見込めません。

おすすめ有酸素運動

サイクリング

薄毛改善にはサイクリングがおすすめです。サイクリングは下半身に負荷がかかるため、スポーツで下半身のダイエットをしたいという人にもおすすめです。サイクリングで坂道を登ったりする時は、普段歩いたり走ったりしているときには使わない筋肉を鍛えることもできます。下半身の血行を促進されるだけでなく、サイクリングをすることで気持ちいい風を受けるなどの爽快感もあり、ストレスの解消にも効果的です。血行改善に加えて薄毛の原因であるストレスの解消もできるので、自転車を持っている人はおすすめです。

水泳

薄毛を改善するなら水泳もおすすめです。水泳はサイクリングとは違って、全身の筋肉を使います。普段歩いたり走ったりする人は少なくないと思いますが、それだと下半身の筋肉しか使いません。水泳は下半身だけでなく上半身の筋肉も同時に使うため、全身に適度な負荷がかかり、血行を促進することができるので薄毛改善に効果的です。また水泳には、他の運動では得られない利点もあります。水泳のメリットとしては、水の中で運動することによって肌のハリがアップする効果、疲労回復効果、胃腸の働きが活性化される効果、筋肉や肝臓の代謝がアップする効果など、多くの嬉しい効果があるのです。

ウォーキング

薄毛改善する上で最もお手軽なのがウォーキングです。サイクリングだと自転車を用意しなければならず、水泳をするにもプールにいかなければなりません。しかし、ウォーキングなら思いついたらすぐに行うことができます。ウォーキングも歩き方によって効果がある場合とない場合があります。ウォーキングをするときは背筋を伸ばして姿勢をよくして歩くようにしましょう。そうすることで全身に血液が行き渡り、薄毛改善にも効果があるのです。

運動が面倒くさい人は?

育毛剤などを試して見る

運動不足だけど運動が面倒だというなら、手軽に薄毛を改善する方法として育毛剤を使うという方法もあります。育毛剤には血行促進効果もあり、それ以外にも皮脂の除去やアンチエイジング効果など薄毛改善に効果的な成分が豊富に含まれています。育毛剤は毎日使用するので、もし育毛剤を購入するなら定期便が便利です。定期便は毎月決まった日に自宅届けてくれる上、通常購入よりも割引してくれる場合が多くおすすめです。

簡単な運動

薄毛が治る有酸素運動をしたいけど、外に出てスポーツや運動をするのが面倒という人は、家の中でできる簡単な運動で運動不足を解消するのがおすすめです。薄毛が治る簡単な運動として、例えば縄跳びなら、自宅の少し広い部屋の中や、家の庭で気軽にすることができます。他にも二階建ての家に住んでいる人なら、階段の上り下りをするだけでもいい運動になります。

毛は湯シャンで解消!正しい方法とコツを紹介!

湯シャンをするメリット

最近、若い男性の間で、薄毛を心配する人が増えてきています。

まだ薄毛が目立っていなくても、「10代の頃よりボリュームが減ってきた」、「親父がハゲなんだ」と不安を抱く人も。

かく言う私も少し髪に元気がない、遺伝的には心配かも…と悩むことがあります。

やはり薄毛だと女性にモテないかもと心配になってきますよね。

薄毛改善法と言えば、やはり育毛剤が定番。

ただ、いきなり育毛剤というのは、心理的・経済的に少しハードルが高いかもしれません。

そんな「もしかして薄毛?」と心配な人たちに密かな注目を集めるのが湯シャン。

シャンプーを使わずお湯だけで髪を洗うことです。

シャンプーに含まれる人工的な成分が頭皮に悪影響を及ぼすと心配して、湯シャンを始める人が増えたと見られます。

特に、薄毛の兆候を感じつつも「少し薄毛が気になるけど、育毛剤までは…」という若い男性の間で注目に。

湯シャンのメリットや正しい方法・コツを紹介しましょう。

 

皮脂を取り過ぎない

シャンプーを使った方がより多くの汚れが落とせます。

しかし、シャンプーは洗浄力が強すぎるがゆえに、必要な皮脂までも洗い流してしまうことも。

皮脂は単なる汚れではありません。

空気中のホコリや雑菌、紫外線などの様々な刺激から頭皮を守るバリア機能の役割を果たします。

バリア機能の低下によって、乾燥や痒みが生じたり、フケが増えたりと頭皮環境の悪化につながります。

頭皮環境の悪化は髪の成長を阻害することに。

もちろんそれが、薄毛の原因にもなります。

シャンプーをやめて、お湯だけで髪を洗うことで、バリア機能が回復し、頭皮環境・薄毛の改善を目指すのです。

 

湯シャンのやり方

湯シャンは、シャンプーを使わずに髪を洗うだけなので、特にやり方なんてものは無いと思われがちです。

むしろ、シャンプー代が節約できて、ラッキー程度にも。

しかし、頭皮環境を改善し、薄毛が治ることを目的とするなら、誤った方法では、むしろ逆効果。

薄毛が治るように始めた湯シャンで、抜け毛が増えたり、かえって薄毛が進行したりすることも。

ここでは、正しい湯シャンのやり方について、ご紹介します。

 

ブラッシングをする

お風呂に入る前の髪が乾いた状態で、必ずブラッシングしましょう。

ブラッシングによって、かなりチリやホコリが落とせます。

丁寧に優しく、髪の毛の絡まりをほどくように、チリやホコリを取り除きましょう。

動物性の柔らかく、頭皮への刺激が少ないブラシを使うのがおすすめ。

シャンプーを使わない湯シャンだけで、いかにキレイに汚れを落とせるかは、事前のブラッシングにかかっています。

 

35℃前後のぬるま湯で頭皮全体をマッサージしながら洗う

お湯の温度が高いほど、洗浄力は増していきます。

40℃以上になると、ほぼシャンプーの洗浄力に匹敵するそうです。

湯シャンの適正な温度には、諸説ありますが、およそ35℃ぐらいのぬるま湯が最適だと言われています。

温度が高すぎると、必要な皮脂を残しておく、という湯シャンのメリットがなくなってしまいます。

逆に低すぎる温度だと、それだけ洗浄力も低くなるので、汚れをきちんと落とせません。

湯シャンの際は、間違っても爪でゴシゴシと激しく洗わないでください。

激しくゴシゴシと洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまいます。

頭皮を傷つけてしまうことも薄毛の一因です。

指の腹を使って、優しく丁寧に、マッサージするように洗いましょう。

湯シャンを始めた頃は、10分ぐらいかけて丁寧に。

慣れてきたら、徐々に時間を短くし、5分程度で済ませると良いです。

 

水分を取る時は髪をタオルで挟み痛まないように乾かす

湯シャン後は、丁寧に髪をタオルで挟みながら、水気を取りましょう。

この時、絶対に激しくガシガシと拭かないでください。

頭皮はとても敏感です。

だから、頭皮を傷つけないように、丁寧に水気を取るようにしましょう。

また、超短髪で、すぐに乾く人でも、自然乾燥は良くありません。

頭皮が湿ったままの状態で放おっておくと、雑菌が繁殖しやすいです。

雑菌繁殖などの衛生状態の悪化も薄毛の一因となってしまいます。

 

湯シャンをする時のコツ

湯シャンの際には、いくつか気をつけるべきポイントがあります。

湯シャンの目的は、皮脂を洗い流し過ぎないことによって、バリア機能を改善することです。

しかし、ドライヤーを使い過ぎると、熱によって、頭皮にダメージを与えてしまいます。

また、湯シャンは通常のシャンプー洗髪よりも洗浄力が低いです。

そのため、事前に丁寧なブラッシングが必要になります。

 

ドライヤーは当て過ぎない

髪を洗って、湿った状態の頭皮はとても刺激に弱いです。

だから、薄毛改善には湯シャンの後、しっかりと髪を乾かしましょう。

その際は、ドライヤーを使うと、生乾きが防げるので、おすすめです。

しかし、ドライヤーの熱でも頭皮は敏感なのでダメージを受けてしまいます。

ドライヤーを使う際には、頭から20〜30cmほど離して、温風と冷風を交互に使い分けながら、乾かしましょう。

長時間ドライヤーの風を髪に当てておくのも良くないので、なるべく短時間で乾かしてください。

 

十分なブラッシングをする

湯シャンの前には、十分なブラッシングが欠かせません。

ブラッシングをすることで、次の3つの効果が期待できます。

  1. 髪の毛に付着しているチリやホコリが取れる
  2. 髪の毛の絡まりをほどくことができる
  3. 頭皮の血行が改善する

普段何気なく生活しているだけでも、髪にはたくさんのゴミが絡まってきます。

ブラッシングによって、絡まった髪をほどきながら、ゴミが取り除けるのです。

また、丁寧にブラッシングすることで、頭皮の血行が改善されます。

血行改善は、髪の成長や薄毛が治ることにも良い影響があります。

 

初めは週2程度でシャンプー

これまで毎日シャンプーで洗ってきた人が、いきなり湯シャンにすると、皮脂分泌のコントロールが乱れることも。

その結果、髪がベタベタしたり、臭いが気になってしまったりすることもあるようです。

人と接する機会の多い人は、エチケットとして、髪のベタつきや臭いは気になりますね。

女性の視線で薄毛が心配になった方もおられるかもしれません。

薄毛が治るように始めた湯シャンで、ベタつきや臭いが生じ、余計に女性の視線が気になることも。

女性の視線によりストレスが増えた結果、治るどころか薄毛が進行しては本末転倒ですね。

だから、湯シャンを始めた頃は、一週間に2回ぐらいは、シャンプーで髪を洗いましょう。

徐々に慣れていったら、シャンプーの使用頻度を下げていくのが良いです。

また、湯シャンは、洗浄力が低いので、必ず毎日髪を洗うようにしましょう。

髪のベタつきや臭い、フケが増えたりしないためには、手入れが大切です。

 

湯シャンが合わない人もいる?

湯シャンは、薄毛に悩む人に限らず、様々な人が広く実践できるものですが、人によっては向いていないことも。

例えば、乾燥肌タイプの人にとっては、皮脂を洗い流し過ぎない湯シャンは頭皮環境改善に効果的です。

しかし、逆に皮脂の分泌量が多い脂性肌の人にとっては、湯シャンだと頭皮の汚れを十分に洗い流せないかもしれません。

また女性の場合、ホルモンバランスによって皮脂の分泌量が変化するので、そのあたりの見極めも大切です。

あなた自身の頭皮の状態やライフスタイルをよく考慮しましょう。

一度湯シャンを始めても、あなたに合わないと感じたら、シャンプー洗髪に戻っても問題ありません。

また、何も薄毛改善法は湯シャンだけではないのです。

一見ハードルが高そうな育毛剤も選択肢に含めておきましょう。

特に薄毛の程度が軽いうちから、育毛剤を含めて、真剣に薄毛と向き合うことが薄毛改善には大切です。

 

ポイントはブラッシングすること

シャンプー洗髪よりも洗浄力が低い湯シャンでは、事前のブラッシングで、汚れを落としておくことが大切です。

ブラッシングによって、髪に絡まったゴミをときほどくことで、湯シャンでもより多くの汚れが落とせます。

また、湯シャンの目的は、皮脂を洗い流しすぎず、頭皮環境を改善し、薄毛が治るようにするためです。

だから、くれぐれも洗い過ぎは禁物。

ついついシャンプーを使っていないから、たくさん髪を洗いたくなりますよね。

しかし、湯シャンの効果を無くさないために、すすぎ洗いで自然に落とせる分だけで十分。

湯シャンや育毛剤など薄毛改善法は様々ですが、薄毛が治るようにするには、あなた自身にあった方法をよく考えることが大切ですね。