季節の変わり目は抜け毛に注意?少しでも抜け毛を防ごう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の変わり目は抜け毛が増えやすい?

季節の変わり目に抜け毛が多いと感じることはありませんか?季節の変わり目のよく毛が抜けるというのは、勘違いなのでしょうか?それとも、実際に季節の変わり目は抜け毛が多くなりやすいのでしょうか?季節の変わり目になると抜け毛が増えるだけではありません。季節の変わり目は男性だけでなく、女性や子供も体調を崩しやすいとされています。では、女性や子供も季節の変わり目に抜け毛が増えるのでしょうか?季節の変わり目になると男性や女性、子供が体調を崩しやすいことと、抜け毛が増えることには関係があるのでしょうか?季節の変わり目に抜け毛の関係について詳しく解説していきます!

なぜ季節の変わり目は抜け毛が増えると言われる?

季節の変わり前に抜け毛が増えた?と感じる場合、気にしすぎである場合が多いです。そもそも、季節の変わり目かどうかに関係なく、男性であれ女性であれ、大人であれ子供であれ、毎日多くの毛が抜けるのが普通です。なぜ季節の変わり目に抜け毛が増えると言われているのかというと、動物の「生え変わり」と人間の抜け毛が同一視されているからです。ペットを飼っている人ならわかると思いますが、動物は、犬であれ猫であれ、季節の変わり目になると毛がたくさん抜けることで知られています。

これは「換毛期」と呼ばれています。換毛期は毛がたくさん抜けることで、体温調節を行うためだとされています。人間も動物の一種なので、換毛期のように季節の変わり目になると毛が抜けるのではないかと考えられています。他には、季節によって分泌される汗や皮脂、体温変化、紫外線によるダメージが異なるためだという説もあります。また髪の毛にはヘアサイクルもあるので、定期的に抜け毛が多くなる期間があるのは普通だと考えらえます。

ヘアサイクルって何?

ヘアサイクルとは、髪の毛が生え始めてから抜けるまでを一周期としたサイクルのことです。ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つがあります。成長期は髪の毛が生え始めてから成長を続けている時期のことで、期間は約2〜6年。退行期は髪の毛の成長が鈍くなる時期で、期間は約2週間。休止期は髪の毛の成長が止まって抜けるのを待っている時期で、期間は2〜3ヶ月だとされています。つまり、薄毛がどうかに関わらず、髪の毛は数年の期間ごとに自然に抜けていくのです。

平均的な抜け毛の本数

髪の毛は季節の変わり目かどうかに関係なく、ヘアサイクルで自然に抜けていくものだと説明しました。人間は毎日たくさんの抜け毛があ流のが普通ですが、では平均するとどのくらい抜け毛があるものなのでしょうか?もちろん個人差もあり、男性か女性か、大人か子供かよっても変わるので一概には言えませんが、一日あたり100本程度だとされています。この数字の根拠は、北海道大学大学院医学研究室が執筆した「あたらしい皮膚科学」です。したがって、抜け毛の本数が平均の100本を超えていたら、もしかしたら薄毛になっているかもしれないので、抜け毛の本数にはよく注意しておく必要があります。

季節ごとで異なる抜け毛の原因

春に多い抜け毛の原因として、ストレスがあります。もちろん、どの季節であればストレスはありますが、春は特に新生活を始める人が多い季節です。それまでの生活環境とは変わることで、ストレスが増えて抜け毛につながってしまいます。ストレスが抜け毛に繋がるのは、頭皮の血行が関係しています。ストレスを受けると血管が収縮します。すると頭皮の血管も収縮し、髪の毛に栄養が行き渡らなくなります。髪の毛の栄養は頭皮の毛細血管を通る血液が届ける役割を果たしているので、血管が収縮すると髪の毛が栄養不足になり、やせ細ってしまい抜け毛の原因になってしまいます。春に抜け毛が多くなる他の原因として、アルコールが挙げられます。春は新年会は歓迎会などで飲み会が多くなる季節です。しかし、アルコールは肝臓に負担をかけてしまいます。アルコールは肝臓で分解されるのですが、この時髪の毛を作るための必要な栄養であるアミノ酸が消費されます。すると髪の毛を作るための栄養が不足して抜け毛の原因になってしまいます。

夏に抜け毛が増える理由は紫外線です。紫外線とは地球に到達する太陽光線のうち、波長が短いものを指します。夏は特に紫外線が強くなる季節です。真夏に帽子を被らずに外出して頭皮が紫外線に曝されてしまうと、頭皮が日焼けして傷んでしまいます。頭皮が日焼けして傷んでしまうと、頭皮が赤くなって炎症を起こしてしまうケースがあります。頭皮が炎症を起こすと抜け毛に繋がってしまいます。

秋に抜け毛が増える理由は、夏と同じく紫外線が大きな原因です。夏に受けた紫外線によるダメージが秋に現れることで抜け毛が起こるのです。紫外線を受けてから抜け毛が起こるまでの時間差には個人差があります。夏にどのくらい外出したのか、初夏なのか晩夏なのかによって、秋になって紫外線のダメージが現れるかどうかが変わります。晩夏にダメージを受けたのなら、秋になったあたりから抜け毛が増えます。また夏バテによる栄養不足も、秋になってから現れる場合があります。

冬になって抜け毛が増える原因は、頭皮の乾燥です。冬は四季のうちで最も乾燥しやすい季節です。頭皮が乾燥するとフケが発生します。すると頭皮のフケを栄養とする雑菌が繁殖してしまい、頭皮が荒れてしまいます。すると頭皮が赤くなって炎症になってしまい、抜け毛の原因になってしまいます。

 

抜け毛を予防する方法は?

生活習慣

抜け毛を予防するには、生活習慣を改めることが大切です。生活習慣とは、睡眠や食事、喫煙やアルコールの習慣などのことです。睡眠が不足するとストレスがかかってしまい、頭皮の血行が悪くなって抜け毛の原因になります。また睡眠不足になると髪の毛を作ったり成長させたりするための成長ホルモンが十分に分泌されません。また栄養の偏った食事にも気をつけましょう。髪の毛を作るためにはビタミンやタンパク質、ミネラル、亜鉛などバランスのいい栄養が必要です。食事の栄養が偏っていると髪の毛を作るために必要な栄養を摂取することができません。また脂っこい食べ物ばかり食べている人は、皮脂が過剰分泌されやすいです。皮脂が過剰分泌されてしまうと、頭皮が荒れてしまい抜け毛の原因になってしまいます。喫煙やお酒の習慣がある人は控えましょう。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する効果があるので、頭皮の毛細血管も収縮させてしまいます。お酒は髪の毛を作るための栄養を消費してしまいます。

頭皮環境を清潔に保つ

頭皮が不潔だと、フケや皮脂が多くなって頭皮が荒れてしまいます。フケや皮脂が多くなると、抜け毛の原因になります。具体的には、頭皮にフケが大量に発生すると粃糠性脱毛症、頭皮に皮脂が大量に分泌されると脂漏性脱毛症になってしまいます。髪の毛を洗っていなかったりして頭皮が不潔にしておくと、フケや皮脂の原因になるので、頭皮ケアは欠かさないようにしましょう。

運動も大切!

抜け毛を防ぐためには血行が大事だと説明してきました。血行を良くするための最も効果的で簡単な方法は、適度な運動です。それほど本格的な運動をする必要がありません。有酸素運動といった、ジョギングや水泳、サイクリングなど一定時間継続して軽度の負荷がかかる運動をすると、血液の循環が良くなって髪の毛にも栄養を供給することができます。

抜け毛対策をしっかりと!

季節の変わり目は体調を崩しやすいだけでなく、抜け毛も増えやすい時期です。もちろん、季節の変わり目に抜けた毛の原因が、全て季節変化に由来するものでもありません。しかし、季節の変わり目は体調を崩しやすく、ストレスが増えやすい時期なのは間違いありません。特にストレスは抜け毛の原因として大きなものなので、季節の変わり目にはストレスコントロールや体調管理をしっかりして、抜け毛を増やさないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。